@土を柔らかくして優しさをプラス♪

芝生を元気に育てるためには、まずは地面!

 

この“”が何より大切。

 

しっかり耕して土を柔らかく

 

芝生を自分で植える

まずはとにかく柔らかくしていきましょうw芝生の根っこが自由にのびのびと広がっていけるように^^

 

 

砂利や小石でさえも芝生の大敵!

 

芝生を自分で植える

地面を掘っていると出てくるのが、石。
小石やら砂利やら、時には直径10センチオーバーのツワモノまで(>_<)

 

砂利が埋まったままでは芝生の成長に差し支えるので、できる限り取り除いてあげましょう!

 

 

 

あとはひたすら「柔らかくて育ちやす〜い土」を目指して耕す!
(これ結構 腰にくるので、ちゃんと休みながらですよ〜)

 

水捌けが悪い場合は→砂を混ぜる

 

これに関しては該当する方のみですが、お庭の土壌がもともと水捌けの悪い土地の場合には是非、砂を混ぜて頂きたい!と思います。

砂はどれぐらい混ぜたらいいの?

って質問には、正確な解答はできません。

 

でも、やってみた感じでは、車1台分のスペースに芝を張るのに25キロの砂袋を5袋使用しました。

 

合計125キロの砂を混ぜながら耕す感じですね!

 

結果的に、水捌けのイイ地面になりましたよ♪正直、こんなに変わるとは思いませんでした^^

 

 

【NEXT】>>>A目地を作るように芝を張る!

ちょっと待って!不用品で臨時収入♪

自宅に居ながらカンタン無料査定
こっそりお小遣い作りませんか?

↓ ↓ ↓