『木枠』でブルーシートプールを自作!【子供と庭遊び】

子供用ブルーシートプール

先日、棒とブルーシートで作る「ブルーシートプール」を紹介しました!

 

今回は、
ちょっとしたDIYをして“木枠で頑丈な”ブルーシートプール作りをご紹介します!

 

子供達なら結構な人数入れる上に、大人だって入れちゃう!大型のブルーシートプールだってできちゃいますよ(^0^)

 

 

【木枠のブルーシートプール】制作手順

 

1、90センチ×180センチのコンパネ(木材のパネル)を2枚用意。

 

2、この2枚のコンパネを3枚に切断。(計6枚のパーツができる)

 

3、切断した6枚のパーツに切り込みを入れる。

 

4、各パーツを連結

 

5、ブルーシートをかぶせて完成!

 

6、ブルーシートプールに水を張ってLet’s 水遊び!

 

 

 

90センチ×180センチのコンパネ(木材のパネル)を2枚

 

「コンパネ」はホームセンターなどで手軽に購入できます。
ただしサイズが大きめなので、大型の車が無ければ⇒通販などを利用するのもアリですね♪

 

基本的に厚みは問いませんが、『12mm』程度あれば大丈夫でしょう。

 

 

2枚のコンパネを3枚に切断

 

子供用ブルーシートプール木枠

2枚のコンパネを手に入れたら、それを縦に3当分します。

 

直線にカットするのは難しいですが、多少ズレても問題ないので一気に切ってしまいましょう

 

 

切断した6枚のパーツに切り込みを入れる

 

子供用ブルーシートプール木枠2

2枚のコンパネ×3枚に切断=6枚のパーツにわかれました。このパーツに切り込みを入れていきます。

 

 

両端から約10cmのところに、幅2cm程の切り込みをいれます。
切り込みの深さは約15cmです。

 

丸鋸(マルノコ)もしくはノコギリ等で切り目を入れていき、切り目を2本入れたらポキっと折っちゃうと楽ですよ。

子供用ブルーシートプール木枠水

 

各木枠パーツを連結

 

子供用ブルーシートプール木枠3

完成した6枚のパーツを、連結していきます。

 

切り込みを入れた向きを上下逆にして組み合わせる。

 

6枚全てを輪のように組み合わせて行くと、プール用の枠が完成します。

子供用ブルーシートプール木枠3

▲完成イメージ▲

 

 

木枠にブルーシートをかぶせて完成!

 

最後は完成した木枠に、ブルーシートをかぶせて完成です!
サイズが大きいので、水圧もなかなかのモノになります。

 

ブルーシートも強度の高いものを選びましょう!

 

ブルーシートプールに水を張ってLet’s 水遊び!

 

子供用ブルーシートプール木枠水

 

 

比較的大きなブルーシートプールが出来上がり^^
この木枠を使ったブルーシートプールの良いところは、「強度はそのままに、サイズが自由に変えられる」という点です。

 

 

使う木枠パーツの枚数を変えれば、大きくするのも小さくするのも自由♪

 

 

 

 

もうひと手間

今回はやっていないのですが、木枠パーツに防腐剤を塗装しておけば、長持ちして更にいいかもしれませんね。

 

近所の公園でも活躍

近くの公園(プレイパーク)でも、暑くなってくると子供達に大人気です(´∀`)本当に簡単に作れるので、おススメですよ!

子供用ブルーシートプール

 

 

※この作り方は初心者が簡単に作れるよう提案しております。専門的な工法ではありません。

ちょっと待って!不用品で臨時収入♪

自宅に居ながらカンタン無料査定
こっそりお小遣い作りませんか?

↓ ↓ ↓