ブルーシートでプールを自作してみる!【子供と庭遊び】

 

 

ブルーシートでプールは作れる


 

はい!とっても簡単に作れちゃいます!

 

ブルーシートプール自作

今回はちょっと天気が良かった日に、ブルーシートでプールを自作して遊んでみましたw

 

別のおもちゃで滑り台があったので、ブルーシートプールとドッキングさせて水を流して、ミニウォータースライダー!なんてやってます。

 

本当に簡単に作れるので、ちょっと時間があったら試してみてください♪

 

 

ブルーシートプールには何が必要?

必要なのはこの3つだけ♪

 

ブルーシート(強度のあるもの)
(材木、金属、素材はなんでもありです)
ブロック(もしくはレンガや脚立など固形のもの)

 

以上!

 

そして、出来上がった枠がコレ▼

 

ブルーシートプール枠

たまたま室内で遊んでいた、「ブランコ付きジャングルジム」?みたいなのがあったんで、それを外に持ち出しちゃいましたwww

 

滑り台を中に入れたら、
ちゃっかり水遊びブース”の完成♪

 

 

ブルーシートプールの作り方

@ブロックを四つ角に置いて、棒をかけます。
Aそこにブルーシートをかぶせる。
B水を入れる。

おしまい((笑)

ブルーシートプール枠2

たったそれだけで、ブルーシートプールの完成♪(滑り台付きw)

ブルーシートプール

 

ブルーシートプールのメリット

 

ブルーシートでプールを作るときのメリットはなんだろう?

ブルーシートプールメリット

おススメの理由は3つあります。

 

大きさは自由に変えられる。

⇒枠を作るときの棒の長さによって、縦も横も大きさは自由自在♪

 

作るのがとっても簡単!

⇒なにしろ「ふくらます」動作が必要ないので、めちゃくちゃラクです。ブルーシートをかぶせたら、後は水をいれるだけ!

 

片付けがラク!

⇒お庭でプール遊びと言えば、面倒なのが片付け。例えばビニールプールだと、せっかく入れた空気を抜かなきゃならない。

 

実際やったことある方ならわかると思いますが、ビニールプールの空気抜きって、入れるのより大変。

 

ほとんど抜けきって、最後の最後がなかなか抜けない(´Д`)

 

なんてことよくあります。。。
(※一度空気を入れたら、1シーズン入れっぱなしな事もよくありますwww)

 

でも、自分で作ったブルーシートプールなら、干すだけ!
乾いたらたたむだけ!
これぐらい片付けが簡単なんですw

 

 

 

【注意】気をつけて欲しいことが2つあります!
ブルーシートプールを作ったときの“枠”が危ないので、「靴」や「緩衝材」などで養生してあげてください。

 

滑って転んで頭を打つと、怪我をする可能性があります。

 

そして、しっかり見守ってあげてください。小さい子供は、たった15センチの水でも溺れます。楽しいプール遊びにするためにも、一緒に遊んで見守ってあげてください♪

 

天気が良い日はこれで決まり♪子供達が喜ぶ事 間違いなしデス(^O^)/

 

ブルーシートプール子供

 

 

【関連記事】>>>ビニールプールはいつ(何歳)から使える?

 

ちょっと待って!不用品で臨時収入♪

自宅に居ながらカンタン無料査定
こっそりお小遣い作りませんか?

↓ ↓ ↓